kenko99.com|健康な毎日を応援するヘルスケアブログ

自分で簡単にできるマッサージのやり方や最新の療法など、どのような病気や症状に効果があるのかを、わかりやすく紹介していきます。

ビタミンCの効果・効能|ビタミンCを多く含む食べ物

f:id:vvisteria:20180419130342j:plain

ビタミンCは肌の調子を整えたり、ストレスを多く抱えている人にも摂ってほしい栄養素です。ビタミンCといえばレモンに多く入っていそうなイメージですが、ゴーヤやピーマンにも多く含まれています。

ビタミンCは抗酸化力が強く、体の酸化を防ぐことで、免疫力が向上したり、動脈硬化を予防する働きがあります。皮膚や骨を丈夫にするコラーゲンの生成を助けることで、血管や皮膚なども丈夫にします。

抗ストレスにも働き、ストレスに対抗するときに大量のビタミンCを消費します。なので常にストレスを感じている方は意識して摂るといいでしょう。

またタバコを喫煙すると、ビタミンCを大量に消費するので不足しやすいです。

ビタミンCの一日の摂取量と不足すると起きること

ビタミンCの一日の必要量は、100mg位が目安です。ビタミンCが不足すると、傷の治りが遅くなったり、肌のハリがなくなります。また歯茎から血が出たりします。ビタミンCは体から排泄されるのが早いので、過剰摂取の心配は基本ありません。

ビタミンCを多く含む食べ物・食材ランキング

ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いので、できるだけ生で食べられるものは生の状態で食べてください。また煮たりするよりも焼いたほうがビタミンCの損失を軽減できます。

ビタミンCは空気に触れると酸化をしてしまうので、生で食べる野菜などは食べる直前に切るのをオススメします。

  1. 赤ピーマン 170mg
  2. 黄ピーマン 150mg
  3. アセロラ 10%果汁入り飲料 110mg
  4. レモン(全果) 100mg
  5. レモン(果汁) 50mg
  6. ピーマン 76mg
  7. ゴーヤ 76mg
  8. キウイフルーツ 69mg
  9. ドライマンゴー 69mg
  10. いちご 62mg
  11. オレンジ 60mg
  12. ブロッコリー 54mg
  13. カリフラワー 53mg

※100gあたり

ビタミンCと相性がいい効率的な食べ合わせ

ビタミンCは他のミネラルなどと一緒に摂ることで、より効果をアップさせることができます。

ビタミンCは鉄分と一緒に摂ると貧血防止に。またコラーゲン一緒に摂るとことで美肌効果も一層高まります。