kenko99.com|健康な毎日を応援するヘルスケアブログ

自分で簡単にできるマッサージのやり方や最新の療法など、どのような病気や症状に効果があるのかを、わかりやすく紹介していきます。

たんぱく質(プロテイン)の効果・効能|たんぱく質を多く含む食べ物

f:id:vvisteria:20180418140955j:plain

たんぱく質プロテイン)は三大栄養素の一つで、筋肉や皮膚、臓器、細胞など、体を構成する主成分として重要です。

臓器や筋肉など、人の体の多くはたんぱく質からできています。体は約10万種類のたんぱく質からなっており、これらは20種類のアミノ酸からつくられています。

その20種類のアミノ酸のうち、9種類は体内で生成されないため、食品から摂取する必要があります

これを必須アミノ酸といいます。必須アミノ酸は、トリプトファン、リジン、ロイシン、イソロイシン。バリン、スレオニンヒスチジン、ネチオニン、フェニールアラニンの9種類で、それぞれ摂取したときの効用が違います。

タンパク質は英語で「Protein(プロテイン)」と言います。

筋肉を増強するプロテインの多くが、ホエイ(乳清)か大豆を原料としている。筋肉を大きくするためには筋力トレーニングと合わせて摂るのがいい。摂取するタイミングは、運動直後かトレーニングの1〜2時間前がオススメ。

たんぱく質プロテイン)の一日の摂取量と不足すると起きること

たんぱく質の一日の必要量は、体重1kgに対して0.3〜1.2gが目安です。成人の男性は&0g、成人の女性は50gを目安に摂取してください。

また動物性と植物性をバランス良くとるのがオススメです。あまり運動をしない方がとりすぎると、カロリーオーバーになるので注意してください。

たんぱく質が不足すると、筋肉量や体力が衰え、免疫力が低下することでさまざまな病気にもかかりやすくなります。

たんぱく質プロテイン)を多く含む食べ物・食材ランキング

たんぱく質を多く含み、安くて毎日続けやすい食品をまとめてみました。手に入りやすい食品

すべて食品100gあたりの、たんぱく質含有量を表示しています。

  1. 鶏ささみ 23.0g
  2. プロセスチーズ 22.7g
  3. 牛もも肉 21.2g
  4. 豚ロース 19.3g
  5. 鶏砂肝 18.3g
  6. 納豆 16.5g
  7. ロースハム 16.5g
  8. ウインナー 13.2g
  9. スパゲッティ(乾麺) 13.0g
  10. かにかまぼこ 12.1g
  11. ゆで卵 12.9g
  12. 豆腐 6.6g
  13. ヨーグルト 4.3g
  14. 牛乳 3.3g

※100gあたり